ベガルタ仙台 横浜Mに勝利で天皇杯3大会ぶり8強入り

0 Comments
sumairu60
ベガルタ仙台 横浜Mに勝利で天皇杯3大会ぶり8強入り



石原の2ゴールなどで競り勝った。前半16分、大岩のロングボールを合わせて先制。
2-2の後半9分には古林の右クロスを右足で押し込んだ。
ジャーメインも1得点の活躍。
横浜Mの攻勢に押されて2失点を喫したが、その後は富田の投入などで守備を固めてしのいだ。

河北新報 ベガルタ>横浜M下す 天皇杯3大会ぶり8強入り

渡辺晋監督
内容は評価できないが、勝たないと次を戦う資格が得られない。ボールを奪った回数は相手と大差ないが、取った後のミスが多すぎた。(2得点の)石原は彼しかできない素晴らしいゴールだった。

天皇杯 ラウンド16 2018年8月22日(水)19:03KO ニッパツ

ゲキサカ 「お前の力が必要だ」 指揮官に“説き伏せられた”仙台FW、期待どおりのゴラッソ2発
「勝ちに行くからお前の力が必要だ」――。
指揮官にそうやって“説き伏せられた”というベガルタ仙台FW石原直樹は天皇杯4回戦、2ゴールという結果で期待に応えてみせた。渡邉晋監督も「狙いどおり」と笑みを見せた。

スポーツ報知 【仙台】石原、スーパーゴール2発 天皇杯3大会ぶり8強
ベガルタ仙台が横浜M(ともにJ1)を3―2で破り、2015年以来、3大会ぶりの準々決勝進出を果たした。ベテランFW石原直樹(34)が前半16分、ランニングボレーシュートで先制点を挙げると、2―2となった後半9分には再び勝ち越しの右足ボレー。石原のスーパーゴール2発で勝負を決めた。

ゲキサカ シュート数5対20の劣勢も…3ゴールを奪った仙台の『原則』と『対策』
天皇杯ベスト8への切符をつかんだベガルタ仙台だったが、試合内容は満足のいくものではなかった。
シュート数は仙台の5本に対し、横浜F・マリノスは20本。
渡邉晋監督は「内容は評価できるものではなかった」と苦い言葉を口にしていたが、大枠で見れば『劣勢をモノにした』で片付けられる一戦だった。



友達ブログ更新(8/21)
♡ 猫好きpeaの ♡ あれもこれも🐯
本日の猫さま 354
peanuts86 本日の猫さま 354

「お盆を終えて}
~山寺ニャンズの成績発表
今年のお盆期間は不安定ながらも晴れが続き気温も30℃を超える日がほとんどそれでも参詣の方は多く
ニャンズのご飯はまず揃う事はありませんでした。

img_21_m.jpg img_3_m.jpg



友達ブログ更新(8/21)
青空に羽ばたいて
カラフル絨毯
Yahooブログ 青空に羽ばたいて カラフル絨毯
123_convert_20180821213602.png    12345_convert_20180821213631.png

スポンサーサイト



sumairu60
Posted bysumairu60

Comments 0

There are no comments yet.